宝船(たからぶね)

 
「宝船」とは、
「七福神」やChinaの「八仙」(はっせん)が乗る
宝物を積み込んだ帆船、または、その様子を描いた図のことです。
 

八仙(はっせん)
日本の「七福神」のようなもので、道教の仙人の中でも代表的な存在です。掛け軸や陶磁器に描かれるめでたい絵の題材になるなど様々な芸術のモチーフとなっています。
 
 
「宝船」には、
珊瑚・金銀・宝石など、様々な宝物が積み込まれています。
そのため「宝船」はおめでたい船とされ、
この船に「七福神」が乗っている様子をかたどった置物などが
「縁起物」として親しまれています。
 
「宝船」の由来には、幾つか諸説がありますが、
元々は、「清き水に穢れを乗せて流す」という考え方から来たと
言われています。
悪いものを流してくれる大切な水が、
金銀財宝を運んで来てくれたらどんなに素敵だろう
・・・という願いから、
「宝船」の原型が作られたと考えられています。
 
室町時代には、
現在とほぼ変わらない
「七福神」が乗った宝船が主流になったとされ、
現在でも、多くの人の心の拠り所になっています。
 

 
江戸時代になると、
「宝船」の絵を正月二日の夜に枕の下に敷いて寝ると、
よい初夢を見るという俗説が生まれました。
江戸の町では、元日に、「お宝、お宝」と言って、
木版印刷の「宝船」の絵を売り歩く「宝船売」の姿が見られました。
このことによって「七福神」と言えば、
「七福神」が
「寶[= 宝]」と書いた帆を上げた「宝船」に乗った図が
思い浮かべられるようになりました。
帆には、「寶」の他に、悪い夢を良い夢に変えるとされる
「貘」(ばく)の字が書かれることもあります。
 

 
「宝船」の絵には、
次のような五七五七七の和歌に似せた「回文」が書かれています。
( 回文:上から読んでも下から読んでも、同じになる文章)
「なかきよの、とをのねふりの、みなめざめ、
       なみのりふねの、をとのよきかな」
  (長き夜の遠の眠りの皆目覚め浪乗り船の音の良きかな)
 
これは、聖徳太子の和歌と伝えられています。
「七福神」の船が波の上をやって来て、
幸福を授けるあり様を詠んだものです。
 
古代の日本人は、
「幸福は海の果てから来る」という考えを持っていました。
『古事記』などには、
「常世国」という海の果ての神々が住む世界が出てきます。
常世国から来た神様が人々に有益な知識を授けてくれるとも、
亡くなった人間は
霊魂となって常世国に行って永遠に生きるとも言われました。
 
大国主命の御子神である「事代主命」(ことしろぬしのかみ)は、
出雲の「国譲り」の際に釣りをしていたため、
「釣りの神」と言われ、更にこのことが転じて、
「豊漁の神」として崇められることが多い神様です。
「豊漁の神」であることから、七福神の「恵比寿様」と同一視され、
「商売繁盛の神様」としても崇められています。
事代主命はまた、
常世国から人々の住む世界を訪れて助けてくれる
「恵比寿様」であるとも言われています。
 
「七福神」が「宝船」で海の果ての神々の世界から来るとする発想は、
このような伝説を踏まえて作られたものであろうと思われます。
「七福神」の中では、「大黒様」と「恵比寿様」の人気が高く、
「弁財天」がそれに次ぎます。
そのため「宝船」には、前列中央に「弁財様」を配して、
その左右に「大黒様」と「恵比寿様」を座らせるものが多いです。
昆沙門天、布袋尊、福禄寿、寿老人は後列に並べられます。
 

f:id:linderabella:20201226102517j:plainf:id:linderabella:20201226102506j:plainf:id:linderabella:20201226102522j:plain

 
 
徳川家康が狩野派の画家に描かせたことをきっかけに、
「宝船」に乗った七福神の図が広まったとも言われています。
しかし京都の禅寺では、室町時代後半には既に
宝船に乗った七福神の絵が描かれていました。
「七福神信仰」が広まってまもなく、
「七福神が船に乗って訪れてくる」と言われるようになったのです。
 
一般的に吉夢とされるランキングは・・・。
一富士、二鷹、三茄子。
 更に、
四扇(しおうぎ)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)、
 あるいは
四葬礼(よんそうろう)、五雪隠(ごせっちん)
と続きます。

f:id:linderabella:20200616092637j:plain