人形供養

「人形供養」とは、大切な人形を手放す時に
今までの感謝の気持ちを込めて行う祈りの儀式のことです。
 
古くから「人形には魂が宿る」という考え方があります。
「人形供養」は、人形やぬいぐるみなどを、
まるで亡くなった人と同じように
神社やお寺で供養して、お別れをします。
 
 

人形供養を行っている主な寺社

「人形供養」が始まったのは、
人形を作っている工業会などの働きかけによるもので、
盛んになったのは戦後のことと、行事としての歴史は意外に浅いです。
 
京都の「宝鏡寺」は
「人形寺」という別名を持つお寺として名高いのですが、
「人形供養寺」としての歴史は昭和34(1959)年からのものです。
 
和歌山県の「淡嶋神社(あわしまじんじゃ)は、
毎年3月3日に「雛流し」という神事が行われています。
「雛流し」は、願い事を書いた人形を舟に乗せて送り出す行事です。
全国からたくさんの女性が集まり、
それぞれの想いを人形に託して見送っています。
 
千葉県の「長福寿寺」は、
人形供養を始めて400年という歴史を持つお寺です。
長福寿寺では、僧侶が3ヶ月もの間、読経供養をしてから火葬します。
人形専用の火葬炉があり、プラスチック製でも供養出来るそうです。
 
 

人形供養の方法と流れ

人形供養をする方法はに、
「寺社」「葬儀社」「代行サービス」にお願いするに加えて、
「自分で行う」の4種類があります。
 

お寺・神社で供養する

寺社によって、常に受けつけている所と、
感謝祭のように期間限定の所があるので、事前に確認して下さい。
郵送も可能な寺社なら、離れていても供養を依頼出来ます。
  1. 申し込みをする
  2. 人形を預ける
  3. 他の人形と一緒に並べられ、読経が行われる
  4. お焚き上げされる
 

 葬儀社に依頼する

「人形供養」を行っている葬儀社もあります。
例えば、「家族葬のファミーユ」では、
各ホールで不定期に「人形供養祭」を開催。
僧侶を招き、ホール内の祭壇に人形を並べ、
焼香を行っているからお別れ(供養)します。
 

www.famille-kazokusou.com

業者などの郵送・代行サービスを利用する

人形供養をしている業者や、
一般社団法人「日本人形協会」を利用する場合は、
申し込み後に届くキットで人形を郵送します。
中には出張引き取りを行っている業者もあるようです。
 

www.ningyo-kyokai.or.jp

 

自分で供養する

自分の手で供養する方法もあります。
以下はあくまでも参考です。
  1. 人形を綺麗に拭いて、乱れた髪を整える
  2. 白い布や和紙で人形を包む
  3. 感謝の気持ちを込めながら粗塩を振りかける
  4. 自治体のルールに従ってゴミ収集日に出す
結局はゴミとして捨てるので、
気持ちが落ち着かない場合もあるでしょう。
その際には寺社や教会などを訪れて、
再度お別れのお祈りをすると、少しは気が晴れるかな。
 

f:id:linderabella:20210419095152j:plain