家宅六神(かたくろくしん)

 
家宅六神は、日本の神話に登場する六柱の神の総称です。
家に関する神として「家宅六神」と呼びます。
 
 
石土毘古神(いわつちびこのかみ)
家を建てる時の基礎材料となる「石」と「壁土」の男神とされています。
次に生まれる「石巣比売神」(いわすひめのかみ)と一対になっています
家宅六神という「家を司る神の1番目」とされます。
日本の家屋は伝統的に木造ですが、
その土台には石が用いられ、壁には土が用いられてきました。
その石と土という建築材を司る神霊という性格から、
家を守り、進入してくる災厄を防除すると考えられるようになりました。 
  • ご利益    :家内安全、厄除開運、当病平癒
  • お祀りする神社:石鎚神社(愛媛県西条市)
 
石巣比売神(いわすひめのかみ)
「石」と「砂」を表す女神です。
石土毘古神と石巣比売神は兄妹のようなもので、
どちらもその性格からして家屋建築に深く関係する神と思われます。
 
大戸日別神(おおとひわけのかみ)
「人の安住の地を得ることの表象」とする説や、
家屋の「戸」を依代とした「防塞神」とする説があります。
性別は不明とされます。 
 
天之吹男神(あめのふきおのかみ)
住宅の屋根葺きを司る神様です。
 
 
大屋毘古神(おおやびこのかみ)
木で作られた建物としての家屋の神と捉え、
「戸」や「出入り口」を神格化したものです。
 
大国主命の神話にも登場。
大国主神を八十神の迫害から逃がすため、
母神の刺国若比売が木国(紀伊国)にいた大屋毘古神の元へ逃れさせ、
八十神に追いつかれると、大屋毘古神は大国主神を木の股から脱出させ、
根堅州国の須佐之男命の元に赴くよう指示しました。
 
 
風木津別之忍男神(かざもつわけのおしおのかみ)
「風」とつくことから、風にまつわる神と考えられています。
「風木津」を「かざもつ」と読んで、「風・持つ」と解し、
屋根が風に吹き飛ばされないように支え、持ち堪えるという意味で、
家屋の耐久性の表象とする説があります。
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain