石筒之男神(いわつつのおかみ)

伊邪那岐命が火之迦具土神の首を斬り落とした際、
剣の先端に付いた血が岩石に落ちて生まれた神様です。
石折神・根折神の後に生まれているので、
二神と同様に刀剣にまつわる神様であろうと言われています。
 
 

どんな神様

 

火之迦具土神の血より生まれた神々

伊邪那美命は「神生み」に際して、
火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を生んだ時に火傷を負い、
それが原因で亡くなってしまいます。
これを嘆き怒った伊邪那岐命は、
十拳剣(とつかのつるぎ)で火之迦具土神を斬り殺してしまいます。
この時、剣先に滴った血から生まれたのが
「石折神」(いはさくのかみ)・「根折神」(ねさくのかみ)を始めとする
八柱の神々です。
 
「筒」なので、製鉄における送風筒の神格化とする説があります。
筒を「ツチ」の転訛と見れば「岩の霊威を持つ男の神」となります。
筒を「粒(ツブ)」の古語とすれば、
「岩を粒ほどに破壊する神」、つまり「雷を司る神」とも考えられています。
他にも、「ツチ(椎)が」武器を表すことから、刀剣と捉えて、
「堅固な刀剣の男」の意とする説や、
ツツを星の意とし、岩から飛び散る火花を星粒に見立てた名とする説もあります。
 
 

ご利益(神徳)

  • 農業守護
  • 剣術上達
  • 鉱業守護
  • 縁結び
  • 生命力向上
 
 

お祀りする神社

  • 香取神宮 摂社の匝瑳神社(千葉県香取市)
  • 老尾神社(千葉県匝瑳市)
  • 赤城神社(群馬県前橋市)
  • 総社神社(群馬県前橋市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain