建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)

妻・伊邪那美命の死を嘆き悲しんだ伊邪那岐命が
死因の原因となった火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を斬った
剣の鍔についた血が岩石に飛び散り生まれたのが
「建御雷之男神」(たけみかづちのおのかみ)です。
軍神・武神として祀られることの多い神です。
 
 

どんな神様?

 

武神・刀剣の神

「建御雷之男神」(たけみかづちのおのかみ)とは、その名の通り、
「頑丈で、雷を司り、物事をなだらかに収める、力強い男の神様」です。
 

誕生にまつわる神話

伊邪那岐命が火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を斬った
刀の根元から飛び散った血が、
湯津石村(岩群)に付いたところから現れたのが、
甕速日神(みかはやひのかみ)、次に樋速日神(ひのはやひのかみ)
そして建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)と神という三柱の神でした。
 

国譲り神話

「国譲り」の神話で、天照大御神によって葦原中国に遣わされた際、
葦原中国を支配する大国主命に国を譲るように迫ります。
 
大国主命は息子の一柱、事代主神はこれを飲みますが、
もう一柱の息子・建御名方神(たけみなかたのかみ)
自分と力比べをしようと言って、いきなり建御雷之男神の腕を掴みます。
すると、建御雷之男神の手は刀の刃のように硬くなって、
建御名方神を信濃国(現・長野県)の諏訪湖のほとりまで
投げ飛ばしてしまいました。
 
それを見て、大国主神(おおくにぬしのかみ)らは、国を譲ると約束しました。
 

武運長久の神

こうした怪力の話などから、
建御雷之男神は、
武運長久、スポーツ上達などにご利益がある神様として知られ、
相撲の起源になったという説もあります。
 

神武東征

初代天皇となる神武天皇が、日向から大和へ入る行軍の途中、
神武軍の危機を救う場面で登場しています。
 
『古事記』には、神武軍が熊の出現によって進めなくなった時に、
(『日本書紀』では、毒素のために進めなくなった)
 高倉下(たかくらじ)を通して神剣を捧げると、
熊野の荒ぶる神を打破することが出来たと記されています。
この神剣の名前は「佐士布都神」(さじふつのかみ)
またの名を「甕布都神」(みかふつのかみ)とか「布都御魂」(ふつのみたま)と称し、
今も天理市の石上神宮に鎮まっています。
 

linderabella.hatenadiary.com

 

藤原氏の氏神

祭祀を司る中臣氏が
倭建命の東国征伐と共に鹿島を含む常総地方に定着し、
古くから鹿島神こと建御雷之男神を祖神として信奉していたことから、
平城京に春日大社が作られると、
中臣氏は鹿島神を勧請して、一族の氏神としました。
 
ともに天降りして「国譲り」を成功に導いた
「経津主神」(ふつぬしのかみ)も剣神で、
こちらは千葉の香取神宮に祀られています。
 
 

別名

  • 建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)・・・『古事記』
  • 建御雷神  (たけみかづちのかみ)  ・・・  〃
  • 建布都神  (たけふつのかみ)    ・・・  〃
  • 豊布都神  (とよふつのかみ)    ・・・  〃
  • 武甕槌   (たけみかづちのかみ)  ・・・『日本書紀』
  • 武甕雷男神 (たけみかづちのおのかみ)・・・  〃
  • 建雷命   (たけみかづちのかみ)  ・・・  〃
 
 

神格

  • 剣神
  • 武神
  • 軍神
  • 雷神
  • 製鉄の神
  • 農耕の神
  • 土器の神
 
 

ご利益(神徳)

  • 武道守護
  • 殖産興業
  • 国家鎮護
  • 芸能上達
  • 豊漁
  • 航海安全
  • 安産
  • 病気平癒
  • 厄難消除
  • 厄除け
  • 縁結び
  • 延命長寿
  • 交通安全
 
 

建御雷之男神をお祀りする神社

  • 鹿島神社 (茨城県鹿嶋市)
  • 春日大社 (奈良県奈良市)
  • 石上神宮 (奈良県天理市)
  • 真上神社 (秋田県男鹿市)
  • 古四王神社(秋田市寺内字児桜)
  • 志波彦神社・塩釜神社(宮城県塩釜市)
  • 椋神社  (埼玉県秩父市)
  • 大原野神社(京都市西京区大原野)
  • 吉田神社 (京都市左京区吉田神楽岡町)
  • 枚岡神社 (大阪府東大阪市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain