厄年(やくどし)

「厄」という言葉に災厄や不幸を表す意味が含まれるように、
「厄年」には
  • 身体に支障を来す
  • 思いがけない事故に遭遇する
  • 順調に進むはずの事が悪転する
・・・・など、良くない事が起きるとされて忌まれてきました。
 

   f:id:linderabella:20201021164301j:plain

 

「厄年」の歴史は長く、平安時代から1000年以上も続いてきました。
紫式部の『源氏物語』にも、「厄年」に関する記述があるなど、
古くから日本では厄年を意識して生活してきました。
『若菜下巻』には、
「女楽の後、紫の上は発病するのだが、これまた、今年は三十七にぞなりたまふ。」
と明記されていて、源氏も紫の上に対して、
「重厄を意識して、さるべきご祈祷など、常よりもとり分きて、
今年はつつしみたまへ。」と言って、除厄のための祈祷などを勧めています。
また、薄雲巻にも、藤壺の三十七歳の厄年についての記述が見えます。
 
 
そのことから日本には人生の岐路になりやすい年齢を「厄年」として
神仏に無難を祈念してきた歴史的風習があります。
現代では寿命が延びたことで、「老い厄」も重要になってきています。
 
厄年の対象となる年齢は男女で異なり、
一般的に「満年齢」ではなく「数え年」で考えます。
男性は数えの25・42・61歳。
女性は数えの19・33・37歳。
特に、男性の42歳と、女性の33歳は「大厄」(たいやく)とされます。
ちょうど生理的にも社会的にも変化を被りやすい年齢に当たります。
 
男   性 女   性
前厄 本厄 後厄 前厄 本厄 後厄
24才 25才 26才 18才 19才 20才
41才 42才 43才 32才 33才 34才
60才 61才 62才 36才 37才 38才
 
一覧には載っていませんが、子供にも厄年はあります。
数え年で13歳の年は、生まれて初めて干支が一周する年です。
13歳の子供の厄払いは「十三参り」「十三詣」とも呼ばれ、
厄を払うと同時に大人になる儀式とも考えられ、関西地方を中心に行われています。
また、関東地方を中心に行われる「七五三」も、厄年に由来すると言われています。
 
神社で祈祷をしてもらうのが、最も一般的な厄払いの方法でしょう。
その他、節分の豆まきの役も、厄払いになるとされます。
地方によっては、正月を2回祝って、厄年を早くやり過ごす習慣も見られます
金を落とすと、厄も一緒に捨てたことになるという見方もあります。
 
 
ただ、「厄年」だからと言って、余り神経質になる必要もありません。
元々、厄年の「ヤク」とは「役目」の「役」のことで、
共同体の中で重要な役割を担う年齢のことであり、
特に神事に関わる役目を担うことから、厳重な物忌みなどが求められていましたが、
次第に元の意味を失い、身を慎む習慣が残ったという説もあるからです。
 
 
<関連記事>
 

f:id:linderabella:20201220063356j:plain